怖くない!株式投資!!
初心者がネットではじめる株と外為の入門塾
ローソク足の見方
初心者がネットではじめる株と外為の入門塾 TOP > チャート分析の基本 > ローソク足の見方

ローソク足の見方

まずはチャート分析において、最も基本となるローソク足の見方をご説明します。

ローソク足の特徴

・ ローソク足を見れば、指定した期間における以下の情報が分かります。
 始値(シネ:一番最初に売買が成立した値段)
 終値(オワリネ:一番最後に売買が成立した値段)
 最高値(サイタカネ:その期間中の最も高く売買が成立した値段)
 最安値(サイヤスネ:その期間中の最も安く売買が成立した値段)

・ 上記情報をある程度のスパンで得ることで、その銘柄の現在勢い、投資家の心理などを知ることができます。

各名称と意味

  ローソク足の見方は下図のとおりです。

chart_cand.png

 

解説
 ローソク足には、大きく、陽線と陰線の2種類があります。始値よりも終値が高かった場合は陽線(通常、白もしくは赤)となり、逆に始値よりも終値が安かった場合は陰線(通常、黒もしくは青)となります。
 ロウソク部分(始値と終値の間)から最高値までの線を上髭(ウワヒゲ、ウエヒゲ)といい、最安値までの線を下髭(シタヒゲ)と呼びます。(決して、シモヒゲとは呼びませんよ、そこのアナタ!!)


サイト内検索
人気No1.ネット証券♪
私のメイン口座もここです!!
まずはここでお勉強
投資には、知識が必要です。


初心者がネットではじめる株と外為の入門塾
TOP

初心者がネットではじめる株と外為の入門塾 All rights reserved.